事業内容

給排水衛生設備

給排水衛生設備とは?

人の生命維持及び健康保持にかかわる衛生的環境を実現することを役割としています。
私達の暮らしに欠かせない、大切な資源である“水”。
そんな水を建物内に最適な状態で循環させるのが、給排水衛生設備です。

水漏れや詰まりといったトラブルを起こさない、確かな設備をつくるのはもちろんのこと、給水・排水を円滑にする構造面も重要なポイント。
当社ではお客様のご要望や建物の用途・規模に合わせ、使い勝手の良い設備を設計しています。新築の水道管敷設工事から、老朽化に伴う更新工事まで、幅広くお任せいただけます。

消火設備

消火設備とは?

いざという時、人命や財産を守る“消火設備”。
利用する機会が少ないからといって、点検を怠るのは危険です。

消防法によっても、施設・建物の関係者は、必要な設備を設置し、維持する義務があると定められていますので、定期的な点検・設備の更新は忘れずに実施してください。

当社ではお客様の安全・安心へのニーズをしっかり実現。スプリンクラーや消火栓、散水タイプ・泡タイプといった各種消火設備など、ご要望に合わせて施工を承ります。

水廻りメンテナンス

水廻りメンテナンスとは?

普段は快適に住んでいても突然起こるのが住まいのトラブル。
特に水まわりのトラブルは日常生活に大きな支障が出る上にすばやく対応しないといけないものばかりです。

  • キッチンのトラブル
  • 浴室のトラブル
  • 洗面所やトイレのトラブル

といった水廻のトラブルの対応はもちろん、定期的なメンテナンスも承ります。

リフォーム工事

水廻りリフォーム

住宅内での「水回り」というと、キッチン、トイレ・浴室・お風呂・洗面所などを指します。
これら設備は、暮らしに欠かせないものであり、家族の日々の健康・衛生を保つものになります。

この水廻りは家庭内で事故が起こりやすい場所でもあります。住まいが危険な場所になる前に、水廻りのリフォームをご検討ください。

当社は地元密着で住まいづくりのお手伝いをしています。水回りリフォームでお悩みがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。

主な水廻りリフォーム

リフォームを成功させるために、さまざまなポイントを押さえておきましょう。

お風呂・浴室リフォーム

お風呂・浴室は、一日の体の汚れを落として清潔になれる場所であり、リラックスして疲れを癒やす場所です。次のようなポイントで検討しましょう。

  • 「浴槽」と「洗い場」、目的別に浴室を考える
  • 安全面に注目
  • 掃除やお手入れのしやすさ

洗面化粧台

ハミガキやヒゲソリ、洗顔、お化粧など、さまざまな身支度に使われます。全員の使い勝手を考慮してしっかり検討しましょう。

  • 必要な機能を絞り込む
  • 暖かく、水に強い床に
  • 掃除やお手入れのしやすさ

トイレリフォーム

トイレに不便さや不快感を覚えることが増えてきたなら、トイレリフォームを検討してみましょう。

  • 毎日使うからこそ安全に
  • 掃除やお手入れのしやすさ
  • 新しくすることで節水に
  • 老後に備えて手すりなども

キッチンリフォーム

毎日使うからこそ、使いやすさや掃除のしやすさをポイントにライフスタイルと照らし合わせて考えましょう。

  • 自分に合ったスタイルを考える
  • 動線を考えたレイアウト
  • 自分の高さにあったシンクを選ぶ

弊社ではアフターフォローも徹底しております。

施工後にお気づきな点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

私たちの強み

01

工期を守って確実な工事

約束した納期に間に合うよう工事を進めている、建設会社様にとって、工期の遅れは信用に関わる重大な問題。
確実に作業を終えなければならないのはもちろん、追加工事などでスピードが求められる場面も多々あることだと思います。
そんな時は、ぜひ機動力が強みの当社にお任せください。
突貫工事についても、一度ご相談いただければ最大限努力いたします。

02

安心の技術力

いくらスピーディーに工事を終えても、後々トラブルが起こるようでは意味がありません。
ですから当社は、どんな時も丁寧に、“質を伴う工事”を大切にしています。
たとえば給排水の配管工事なら、突貫であっても漏水が起こっていないか、一つひとつ細かく確認。
接続部がゆるみやすくなっていないか?水を流すのに適切な勾配になっているか?
など、熟練の技術者がしっかりと品質管理を行っています。

03

的確な対応力

規模や立地環境、工法や要件の違う現場でも、それぞれに最適な工事をお届けします。
それは、現場の状況を見極め、臨機応変に対処する力を磨いてきたからです。

当社の技術者は、数々の現場を経験する中で、素早く的確に、最適な対処法を判断する術を身につけてきました。
そのような高度な対応力が、工期をずらさず、持ちの良い、“良質な施工”を実現しています。